トップページ > ブログ > お知らせ
Category: お知らせ

【連載シリーズ其の2】 なぜ、仙人堂わき水コーヒーに行列ができるのか

05DSC00203
↑イラスト 滝谷節雄


―旅のキーポイントは、あの頃を思いおこさせる演出が大切だ―
なぜ、仙人堂わき水コーヒーに行列ができるのか

連載シリーズその2
「芭蕉とコーヒーの推理 ―わき水でリッチに飲んだ―」

人との出会い、時の流れは人生を大きく変えることがあります。
大学時代、東洋一のチェーン店を誇る喫茶店「マイアミ」でのドアボーイから始まったコーヒーとの出会い。それから2年後、チューインガム・チョコレートの「ロッテ」に入社した私は、28歳のとき脱サラし、最上川船下り義経ロマン観光を経営。
観光コースの中にある船でしか行けない、仙人堂での名古屋のある人との出会い(平成元年)が最上川に訪れる多くの人々に、ロマンを膨らませようとはその時は思ってもいませんでした。

DSC00228 DSC00216







「松尾芭蕉は果たして仙人堂でわき水コーヒーを飲んだのだろうか・・・?」

1989年から3年間、毎日仙人堂の整備に当たっていた私は、なぜか仕事の合間にコーヒーを飲みたくなったものでした。それもひきたてコーヒーです。仙人堂前でその歴史を説明している時でした。
ある人から堂内にあるすりこぎのような物はなんですかと聞かれたのです。 私はとっさに答えました。「芭蕉が持ってきた、コーヒー豆をすり鉢に入れてすりこぎで細かく砕いた時のすりこぎです」その人は何のためらいも無く納得したといった様子でした。
なぜ私がそう説明できたのか、今でも不思議でなりません。仙人堂の歴史を復活させたことで、感謝した芭蕉が私にそう言わせたのかもしれません。
説明したことが本当かどうか気になり、その夜スーパーからすり鉢とすりこぎを購入し、コーヒー豆を砕いて見ました。確かに砕けるではないですか。それは粗びきコーヒーでした。芭蕉は粗く砕いたコーヒー豆を3回ほど繰り返し煮出し、その上澄みを飲むトルコ式で飲んだのではと推理しました。

03CIMG3432







ですが、果たして私の推理が時代的に合っているでしょうか?

※次回その3をお楽しみに!

最上川船下り義経ロマン観光
芳賀由也

【連載シリーズ其の1】 なぜ、仙人堂わき水コーヒーに行列ができるのか

DSC00216
― 旅はあの頃を思い起こさせる演出がキーポイント ―

連載 シリーズその1


私とコーヒーの出会いは、大学2年の時、新宿歌舞伎町コマ劇場の近くにあった喫茶店「マイアミ」での深夜アルバイトからでした。


DSC00079 DSC00063 DSC00099







森進一のデビュー曲「女のためいき」がよく耳にし、そして、店内はビートルズの「イエスタディ」や「ガール」が流れていました。

今思えば、仙人堂のわき水コーヒーの誕生は、荒れ果てていた仙人堂周辺の竹やぶを切り開き、花を植え、大自然の中でのリヤカーコーヒーショップからでした。

おそらく世界で「リヤカーコーヒーショップ」の1号店は、ここ仙人堂に思えてなりません。ちなみに世界で最初のカフェは、パリの「カフェ・プロコプ」(1686年)でした。


喫茶店での私の仕事は、ドアボーイでした。ドアを開ける時の頭を下げる角度、いらっしゃいませの発声など、マスターから何度も注意されながら一人前になっていきました。 また、大学教授から時間が空いている時は、社会勉強のためのアルバイトが後で役に立つと教えられたものでした。

こうした過程を経て、今、全国的に有名になった行列のできるわき水コーヒーになろうとは、、、
その時は、知るよしもありませんでした。
そして「芭蕉もわき水コーヒーを飲んだのでは・・・」というキャッチフレーズは、夢とロマンを膨らませ日頃の疲れを癒してくれます。


DSC00106 DSC00107







次回!その2をお楽しみに!

最上川船下り義経ロマン観光
芳賀由也

最上川特産から山形さくらんぼ・ラ・フランスのご注文のご案内について

最上川特産は、私、芳賀由也(最上川舟下り義経ロマン観光社長)が経営しております。
全国のお客様にさくらんぼをお届けして30年(2015年)になります。
顧客も約10万人様で多くの方にご利用頂いております。


この期間だけの感謝特別商品もご案内いたします。
平成26年12月31日まで/限定300名様 品質保証ご安心下さい。



名称未設定-3















名称未設定-4























最上川船下り義経ロマン観光
芳賀由也

雪見船の季節になりました。

弊社、最上川義経ロマン観光は、37年前、札幌の雪まつりを ヒントに「最上川 雪見船」をスタートしました。

最上川の墨絵の様な水墨画の世界を見て頂きたいという 一心でした。

01DSC00006 01DSC00007








当初は、「芳賀さん、誰が寒い冬に来る(観光客)ものか」と言われ続けました。
ですが、連日関西方面から蔵王の樹氷と一緒のコースで冬の最上川は賑わいました。
飛行機もYS11(プロペラ機)から約165人乗りのDC9スーパージェット機が臨時運航から
定期便に、全国にも克雪キャンペーンとして最上川雪見船から広がっていきました。


01DSC00005








そして、今、台湾などの諸外国からのツアーからも
大勢訪れるようになりました。

最上川船下り義経ロマン観光
芳賀由也

最上川舟下りの今年(H26)の紅葉は例年より早いようです。

CIMG3511
例年は10月25日頃から11月7日頃まで全山燃える紅葉です。

CIMG3511 CIMG3518





                          仙人堂公園の紅葉

それ以降は、しっとりした晩秋の風景で、フランスのシャンソン歌手イブモンタンの「枯葉」を思い出します。

ところが10月16日現在、このように大分色がついてきました。


CIMG351201 CIMG3503








オープンの船も10月16日から雪見船用の屋根をつけました。
寒さ知らずの船内から素晴らしい風景を満喫できます。


CIMG351301






最上川船下り義経ロマン観光
芳賀由也

弊社の出版物について東京新宿の紀伊國屋書店よりお電話を頂きました。(H26.10.14)

地方創世と言われるようになった今日、地方の人が執筆している本にも光が当てられるようになったようです。
と言いますのは、紀伊國屋書店から小生(最上川義経ロマン観光社長 芳賀由也)の書いた下記の書籍のことでした。
発行部数は各本3,000冊ですが、いずれも完売状態でどうしてもご要望のお答えできない旨をお話させていただき、 ご理解いただきました。

CIMG3429 CIMG3434







天下の紀伊國屋書店さんからお電話を頂いたこと、 非常に嬉しく思っております。

最上川船下り義経ロマン観光
芳賀由也

俳優、映画監督 奥田瑛二さんとノンフィクション作家 関 容子さんのトークショーに行ってきました

CIMG3460

平成26年10月2日 酒田のガーデンパレスみずほにて

yositune01







6年ぶりの奥田瑛二監督の待望の新作「今日子と修一の場合」(安藤サクラ×柄本佑夫婦ダブル主演)のお話しは非常に感銘を受けました。
DVDを楽しく見ております。

奥田瑛二監督、関容子さんの出会いもやはり仙人堂(最上川)の縁結び神社からでした。

今年4月10日、女優の草笛光子さんが紀伊国屋演劇賞受賞を祝う会(ウェスティンホテル東京)にご招待くださいました。

発起人は、水谷豊さんでパーティ会場には、多くの俳優さんがいらっしゃいました。周囲を見渡せば有名人ばかりで、このようなパーティはもちろん初めてでした。

水谷豊さん、松岡昌宏さんと一緒にお写真を撮ったものの、以前からファンだった奥田瑛二さんとは、写真を撮る機会がありませんでした。

パーティが終わり、草笛光子さんにごあいさつするため長い列が連なり、その列の中で奥田さんと酒田のお話を少しさせていただきました。

それから5ヶ月後、酒田でお会いできたことが非常に嬉しかったので、私が書いた小説「五月雨の頃」を持って奥田さんと一緒に写真をを撮らさせて頂きました。まるで夢が現実となったようで、不思議でなりません。

CIMG3460







私は奥田さんに「五月雨の頃」が映画化ということで検討されていることについて、 会場で質問させていただきました。非常に興味をもたれていろいろとアドバイス頂きました。

関容子さんとは3年前、鶴岡に公園でこられた時、仙人堂(最上川)でお会いしました。


仙人堂と通じて出会った草笛光子さん、そして、そのパーティで奥田瑛二さんと出会い、酒田のトークショーで仙人堂を舞台に4人の女性のことを書いた小説「五月雨の頃」について質問し、この本をお読みくださいとお渡しできたこと。
ここにも「仙人堂の縁結びがありました。



最上川舟下り義経ロマン観光
芳賀 由也

最上川船上での所要60分/回のガイドを船頭作家として4万回達成!

CIMG3427
日本大学校友会会報誌「桜緑」(2014.7)より

37年間、四季折々の風景の中、マイクを持って船上で観光客にガイドをしておりますが、やはり、誰もが手付かずの素材さ本物を求めているということがはっきりします。


最上川の本物は、川を船で下り、仙人堂に参拝することですので、
本来の船運の姿を体験できてよかったと感動の声があまりにも多いです。


今まで、現代の人たち誰もが頭の中のどこかに追い求めていたことが現実になり、 そこに最上川でしか味わえない船旅に心を打たれるんですね。


私は、小説・エッセイ等8冊の本を執筆してきましたが、
おかげさまでどの本も完売(約3,000冊)になりますのは、
新たな視点からの最上川に読者が共感するからだと自負しております。

何事も同じことを言えるのかもしれません。



CIMG3433







CIMG3432






最上川船下り義経ロマン観光
芳賀由也

「不可能を可能にした急流の川上り船を実現させました」

下り CIMG3415
「不可能を可能にした急流の川上り船を実現させました」と船上で言いますと大きな拍手がおきます。

最上川義経ロマン観光のおもてなし
その1は下記のとおりです。

それでは、なぜ挑戦したのか?


下記の車の回送代を不要にしたからです。
(路線バス大人一人400円、代行車2,500円)
それに船から降りたら次の目的地にすぐに移動し、
できるだけ多くの観光地を訪ねて頂きたいという気持ちからです。


上り船と下り船から見る最上川の風景は全く違います。
両方の風景を是非見て頂きたいです。

上り CIMG3413





上り船から見る風景


下り CIMG3415





下り船から見る風景



源義経は奥州平泉に行く途中、
船に帆を張り最上川を遡りました。
川上りは今まで体験したことのなかったことで、
ここに義経の思いを発見!
CIMG3416








芭蕉の「奥の細道」の旅は、義経の足跡を訪ねる旅でもあった。
芭蕉・義経・最上川の知らざる関係を知って大きな感動に包まれています。
そして、仙人堂へ、やはり不可能を可能にした仙人堂参拝は、
ここで申すまでもなく、大人気です。
ホームページをご覧下さい。


最上川船下り義経ロマン観光
芳賀由也

「仙人堂の縁結び力」は不可能を可能にする!

CIMG3422

2014.9.7 酒田ガーデンパレスみずほにて

(1)
「ベルサイユのばら」の原作者「池田理代子とばらのミューズたち」ランチタイムコンサートは大盛会でした。
酒田(山形県)で開催できたことは、夢が実現した思いです。
CIMG3390








左から ピアニスト飯坂純さん、ソプラノ池田理代子さん
    バリトン堀宣明さん、バリトン村田孝高さん


あまりにも著名な池田理代子さんのさりげなくちょっと笑いをとるようなトークを交えながらのコンサートは、非常にアットホームな雰囲気に包まれました。
会場と一体となり声楽に親しんだ楽しいひと時でした。


(2)
コンサートを終えて2日後の2014.9.9(酒田市民会館「希望ホール」)にて「ベルサイユのばら」(フェルゼンとマリー・アントワネット編)酒田公演を「ベルサイユのばら」の原作者 池田理代子さんとご一緒に鑑賞できたことは、
さらにもう一つの夢を叶えることができました。

CIMG3392






ご一緒の席での鑑賞は緊張感いっぱいでしたが、
ただ信じられないような気持ちが先立ちました。


以前は池田理代子さんが直接手配して下さったなかなか入手できない、
宝塚大劇場(兵庫県)の前から2列目の席で「テレビ番組 兼高かおる 世界の旅」でおなじみの兼高かおるさんとご一緒に初めて「ベルサイユのばら2001」(オスカルとアンドレ編)を鑑賞した時も緊張感でいっぱいでした。


CIMG3402





次から次へと夢の世界が広がっていくのは、
やはり仙人堂の縁結び力のおかげとしか思えません。


また、加茂水族館「クラゲドリーム館」や羽黒山五重塔にご案内し、
山形の魅力を満喫していただきました。


CIMG3424











                     2014.9.8仙人堂にて

※ただ今、池田理代子さんに「不可能を可能にする仙人堂(山形県の母なる川 最上川) の縁結び力」と題して、インタビュー(対談)の「最上川ふれあい広場」を作成中です。
ご期待下さい!!

最上川船下り義経ロマン観光
芳賀由也