トップページ > ブログ > 2017年
Yearly Archives: 2017

「十割そば」と「いも煮」を船下り船内で食べるこの企画は日増しに人気になっています。 この様子が9月24日(H29)からウエブサイトPeach Aviationで世界に紹介。

十割そば芋煮1

先日(8月27日)博報堂の企画制作で台湾のモデルが船内でこの十割そばといも煮を食べる企画のために乗船しました。

この様子が上記の日程で台湾に放送になります。山形名物いも煮と十割そばが紹介されるなんてインバウド商品にピッタリの様に思います。食文化からも山形がピーアールされていくということはこのことなんですね。



十割そばを船内で食べるきっかけとなったのは「ベルサイユのばら」の原作者 池田理代子さんとの対談からです。

十割そば芋煮2

以前は普通のそばといも煮を食べる企画でしたがあまり人気がありませんでした。

一方わき水コーヒーに行列ができるほど人気なので船内でわき水ラーメンを発表したところ失敗でした。

「失敗は成功のもと」と言いますが、ここで池田理代子さんとの対談で教えられたことを思い出しました。「あきらめてはいけない」と。このことから十割そばといも煮に切り替えましたところ大ヒットとなっています。あらゆる角度からチャレンジしてみることの大切さを教えられました。

 

〈対談からの引用〉

「ベルサイユのばら」は宝塚歌劇でどのような切っ掛けから舞台化されたのですかとお聞きしたところ池田さんは、読者からの希望でしたがその頃漫画の地位が低かったため宝塚の中でも賛否論半々位だったそうです。宝塚は全然人が入らなくてつぶそうかどうかという時期だったそうです。どうせダメならダメもとでやってみようと上田理事長が決断したそうです。

それによって「ベルサイユのばら」を一度やると十年分黒字で稼いだと言うことで「あきらめてはいけない」と教えられました。

弊社の舟下りを一度利用された方に、次回は通常2,200円/人が 500円/人で乗れるワンコイン乗船券をプレゼント。大反響です。

500円ブログ

受付でプレゼントすると「今度は、紅葉や新緑の芽のふきでる時に必ず来ます。」と言う声がいっぱい。「それに知人にプレゼントできるからとても良い企画です。」と喜ばれています。

ある時、ワンコイン乗船券で利用した方は「知人からこのワンコインのハガキが送られてきた。とても嬉しかった。来て良かった。酒田の観光をしたことがないので、これから酒田に行ってみようと思っている。」

このような声を聞くと嬉しいですね。

一つのちょっとしたアイディアから山形県にリピーターがさらに多くなるんだとしみじみ考えされられます。

真面目なことを言うかもしれませんが、「観光は一人の人間である」と言われますが、東北主要観光地最上川からリピーターになる情報をみんなで発信することによって大きな輪が広がっていくんですね。

 

〈次から次へとお客さまからの声〉

● 最上川は山形県の母なる川のため、最上川からこのような情報を発信することは山形県の観光イメージを非常にアップしますね。

● あれもこれもでなく主要観光地からインパクトを与えることの意味がよくわかりました。我が街も参考にしなければと痛切に考えさせられています。

歌「陸羽西線デビュー」

弊社最上川舟下り義経ロマン観光の乗船受付所のある高屋駅のJR陸羽西線が「陸羽西線」の題名で歌に!

 

 平成29年6月21日デビュー

歌手 奥山えいじ

作詞 槙 桜子

作曲 弦 哲也

編曲 前田俊明

(株)テイチクエンタテインメント

「孫」の大泉逸郎さんを世に出した著名な音楽プロデューサー木村尚武氏〔㈱スリーウッド・プロデュース〕が全国の方々に聞いていただきたいと渾身をこめて発表した話題作です。今山形新幹線を新庄から酒田まで延伸にと官民一体となって運動していますが・・・それにも大きな弾みとなっています。

rikuu01

この歌の二番目の歌詞にも「夕日に染まる高屋駅 紅葉の流れを観光船がゆく」

rikuu02

私は「陸羽西線」の歌から「あきらめてはいけない」「まっすぐ目標に向かって進むこと」その結果自分の目標としてる夢が叶えられる。そんな勇気を与えてくれる歌だと思います。

日本で唯一渡し船で行く「仙人堂のそば処・十割そば」オープン!

soba

 

NHKテレビ「新日本風土記」で、日本で唯一渡し船でしか行けない歴史文化遺産は義経・芭蕉の仙人堂だと放送(平成28・12月)されてからさらに仙人堂はすごくなりました。

マスコミの力はすごいものですね。

なぜ、「仙人堂のそば処・十割そば」を考えたかと言いますと、弊社の「仙人堂も訪ねる60分舟下りコース」の船内で「十割そば」とサービスの「いも煮」を食べるこの企画は、すごく受けています。

私はいつも船内でガイドをしているので、目の前で十割そば、いも煮は非常に美味しいと絶賛されています。

さらにこれを見逃す手はないと考え、渡し船で行く仙人堂のそば処で最上川をながめながら十割そばを食べる企画を考えたのです。

お蔭様で非常に受けています。

soba02

「仙人堂の縁結び力」が『らくがき倶楽部の郷土出版記念賞』を受賞

enmusubi

 

小生(最上川舟下り義経ロマン観光社長)の著書「仙人堂の縁結び力」が山形県鶴岡市の世界に羽ばたくイタリアンレストラン、アル・ケッチャーノのオーナーシェフ奥田政行さんの著書「食べもの時鑑」などと一緒に郷土出版記念賞を受賞しました。

らくがき倶楽部は昭和39年に山形県鶴岡田川の文芸愛好家達が集まり、郷土の出版文化の高揚を目的に結成された、文芸の同人会であります。設立当初から、直木賞作家、故藤沢周平氏とは深く交流があり、会員の創作にあたり、格別のご指導ご助言をいただいてきました。
また、若き郷土の文芸家の育成のため、荘内日報社と共催により自費出版などを中心とする郷土本の著書などを対象にらくがき文学賞と郷土出版記念賞の制定にあたってきました。


非常に名誉ある賞をいただいたことは、改めて日頃の皆様方のご指導に感謝申し上げます。