トップページ > ブログ > 2017年 > 9月
Monthly Archives: 9月 2017

「十割そば」と「いも煮」を船下り船内で食べるこの企画は日増しに人気になっています。 この様子が9月24日(H29)からウエブサイトPeach Aviationで世界に紹介。

十割そば芋煮1

先日(8月27日)博報堂の企画制作で台湾のモデルが船内でこの十割そばといも煮を食べる企画のために乗船しました。

この様子が上記の日程で台湾に放送になります。山形名物いも煮と十割そばが紹介されるなんてインバウド商品にピッタリの様に思います。食文化からも山形がピーアールされていくということはこのことなんですね。



十割そばを船内で食べるきっかけとなったのは「ベルサイユのばら」の原作者 池田理代子さんとの対談からです。

十割そば芋煮2

以前は普通のそばといも煮を食べる企画でしたがあまり人気がありませんでした。

一方わき水コーヒーに行列ができるほど人気なので船内でわき水ラーメンを発表したところ失敗でした。

「失敗は成功のもと」と言いますが、ここで池田理代子さんとの対談で教えられたことを思い出しました。「あきらめてはいけない」と。このことから十割そばといも煮に切り替えましたところ大ヒットとなっています。あらゆる角度からチャレンジしてみることの大切さを教えられました。

 

〈対談からの引用〉

「ベルサイユのばら」は宝塚歌劇でどのような切っ掛けから舞台化されたのですかとお聞きしたところ池田さんは、読者からの希望でしたがその頃漫画の地位が低かったため宝塚の中でも賛否論半々位だったそうです。宝塚は全然人が入らなくてつぶそうかどうかという時期だったそうです。どうせダメならダメもとでやってみようと上田理事長が決断したそうです。

それによって「ベルサイユのばら」を一度やると十年分黒字で稼いだと言うことで「あきらめてはいけない」と教えられました。

弊社の舟下りを一度利用された方に、次回は通常2,200円/人が 500円/人で乗れるワンコイン乗船券をプレゼント。大反響です。

500円ブログ

受付でプレゼントすると「今度は、紅葉や新緑の芽のふきでる時に必ず来ます。」と言う声がいっぱい。「それに知人にプレゼントできるからとても良い企画です。」と喜ばれています。

ある時、ワンコイン乗船券で利用した方は「知人からこのワンコインのハガキが送られてきた。とても嬉しかった。来て良かった。酒田の観光をしたことがないので、これから酒田に行ってみようと思っている。」

このような声を聞くと嬉しいですね。

一つのちょっとしたアイディアから山形県にリピーターがさらに多くなるんだとしみじみ考えされられます。

真面目なことを言うかもしれませんが、「観光は一人の人間である」と言われますが、東北主要観光地最上川からリピーターになる情報をみんなで発信することによって大きな輪が広がっていくんですね。

 

〈次から次へとお客さまからの声〉

● 最上川は山形県の母なる川のため、最上川からこのような情報を発信することは山形県の観光イメージを非常にアップしますね。

● あれもこれもでなく主要観光地からインパクトを与えることの意味がよくわかりました。我が街も参考にしなければと痛切に考えさせられています。