トップページ > ブログ > 芳賀由也の人生日記 > 「仙人堂の縁結び力」が『らくがき倶楽部の郷土出版記念賞』を受賞

「仙人堂の縁結び力」が『らくがき倶楽部の郷土出版記念賞』を受賞

enmusubi

 

小生(最上川舟下り義経ロマン観光社長)の著書「仙人堂の縁結び力」が山形県鶴岡市の世界に羽ばたくイタリアンレストラン、アル・ケッチャーノのオーナーシェフ奥田政行さんの著書「食べもの時鑑」などと一緒に郷土出版記念賞を受賞しました。

らくがき倶楽部は昭和39年に山形県鶴岡田川の文芸愛好家達が集まり、郷土の出版文化の高揚を目的に結成された、文芸の同人会であります。設立当初から、直木賞作家、故藤沢周平氏とは深く交流があり、会員の創作にあたり、格別のご指導ご助言をいただいてきました。
また、若き郷土の文芸家の育成のため、荘内日報社と共催により自費出版などを中心とする郷土本の著書などを対象にらくがき文学賞と郷土出版記念賞の制定にあたってきました。


非常に名誉ある賞をいただいたことは、改めて日頃の皆様方のご指導に感謝申し上げます。