トップページ > 会社概要

最上川舟下り義経ロマン観光の会社概要

社名 最上峡観光開発株式会社
愛称名 最上川舟下り義経ロマン観光
資本金 3,300万円
代表取締役社長 芳賀 由也
運行開始 昭和53年9月27日
国土交通省・山形県の許認可を得て運航
途中、仙人堂にも各行政の賛同を得、
そして国土交通省の許可を得て寄港
・全船賠償保険に加入
弊社の実績 ・運航開始以来無事故で運航
・「寒さを商品」にした「最上川雪見船」の商品化に成功
・船でしか行けない義経・芭蕉の仙人堂を完全に甦らせ、今人気スポットに。
(NHKテレビ「新日本風土記」で平成28年12月9日放送)
・小説やエッセイを執筆し、最上川に義経の存在を浮上させる
・不可能を可能にした川上りを実現させ、車の回送料を不要にした
所在地
■本社
〒999-6400
山形県最上郡戸沢村大字古口字高屋3112-1
(JR陸羽西線高屋駅大駐車場内)
TEL 0234-57-2148
FAX 0234-57-2256

■酒田事務所
〒998-0842
山形県酒田市亀ヶ崎3-15-5
TEL 0234-24-8280
FAX 0234-24-8279

モットー 安全を第一に「観る」だけでなく、「体験する」「交流する」「学ぶ」の3点をも提供し、知られざる最上川の魅力に触れていただきます。例えば、最上川の歴史文化遺産仙人堂へのご案内、川を舟でさか上ることの意義など最上川ならではの舟運文化のハード面とソフト面に触れていただきます。
その他 全船 賠償保険に加入

参考 代表取締役 芳賀由也のプロフィール

平成28年9月最上川舟下りガイドを3万回達成した芳賀由也のガイドを指名して下さい。

日本旅行作家協会評議員
日本大学経済学部卒業後、(株)ロッテに入社。
最上川舟下り義経ロマン観光社長。
外国人の場合すべて英語で説明。「NHKサウンド・ライブラリー」(CD)の音の風景に最上川舟唄とガイド風景が紹介(7分間)。
「久米宏のニュースステーション」などテレビ、ラジオ等に多く出演。
「私の郷土史・芳賀由也」(テレビ朝日系30分)では俳優佐藤慶さんのナレーションで少年時代から最上川雪見船を商品にし、仙人堂をよみがえらせる事で紹介。
◆著書に小説「五月雨の頃」、原作に絵本「うみのむこうへ」、エッセイ「義経を最上川に甦らせた男」、小説「義経と最上川」「芭蕉と最上川」、近著に「仙人堂の縁結び力」等。
◆発行の「最上川ふれあい広場」の誌面で著名人と芳賀由也の対談は定評がある。山形の知られざる魅力を全国に発信。
対談した主な著名人(※役職は対談の時です)
◆齋藤茂太氏(医学博士・作家)◆秋山庄太郎氏(写真家)◆杉田房子さん(旅行作家)◆池田理代子さん(劇画家・声楽家)◆中村浩美氏(ジャーナリスト)◆兼高かおるさん(ジャーナリスト)◆野田聖子さん(衆議院議員・郵政大臣)◆下重暁子さん(作家)◆木村尚武氏(音楽プロデューサー)◆今井通子さん(登山家・医学博士)◆佐高信氏(評論家)◆新田嘉一氏(平田牧場代表取取締役会長)◆加藤紘一氏(衆議院議員・元自民党幹事長)◆若草恵氏(作曲家)◆齋藤弘氏(山形県知事)◆舩山龍二氏(ジェイティービー代表取締役会長)◆平松守彦氏(前大分県知事)◆道場六三郎氏(料理人)等